サッカー日本代表2-1でコロンビアに勝利!活躍したメンバーは?次節の勝利予想は?

6月19日日本サッカー史においてまた一つ歴史的な勝利が生まれました。

ロシアワールドカップ2018で日本が南米の強豪コロンビアに2-1で勝利しました!

しかも内容もいい内容のサッカーができていたと感じます。

それではさっそく振り返ってみます。

2-1で日本の勝利。大きな勝ち点3をゲット!

開始早々6分で香川がPKを決める。

また、コロンビア代表のMFサンチェスにレッドカードで一発退場という事態。

その後10人となったコロンビアだが日本は逆に自分たちのペースをつかめない。

中盤後方やディフェンスから前線へのパスが通らず膠着状態。

前半39分、コロンビアのエースファルカオがペナルティエリア付近でファウルを得てコロンビアのフリーキック。

キッカーはキンテロ。このフリーキックがゴール!1-1の同点に追いつかれてしまう。

後半は引き続きコロンビア10人対して優勢の日本。慌てる様子はなかった。

同12分にコロンビアの中心選手10番のハメスロドリゲスが出場。前半フリーキックを決めたキンテロが交代。

このままハメスにペースを持っていかれるか?と危惧したが、ケガしているせいか、キレがよくないハメス。

逆に日本はこの交代により少し自分たちのペースにもっていけたように感じた。

同25分、香川に変わって本田が出場。香川は後半、ほとんどボールに触れていなかった。

いいタイミングでの交代。

そして28分に本田のコーナーキックから大迫がヘディングシュートを決める。

そのままこれが決勝点となり、日本は見事2-1で初戦を勝利した。

活躍メンバーの3人!香川、本田、大迫のプレーを振り返る

まずは先制点の香川だ。


前半の流れの中で大迫のシュートのこぼれ球をよくシュートした。

その後のPKではプレッシャーがかかる中、よくキッカーになったと思うし、よく決めた。

これまでの香川だと精神面で外していてもおかしくない状況ではあった。先のアルゼンチン戦ではメッシがPKをとめられているなど、世界の一流選手でもミスをしてしまうそれがワールドカップだ。そんな中、落ち着いて決めたと思う。

次に2点目の本田のコーナーキックとそれをヘディングで合わせた大迫だ。


本田はやはり”もってる”人なんだと思う。途中出場3分後に1アシストだ。彼がたつ舞台が大きければ大きいほどかれは底力を発揮するのであろう。脱帽しかない。

そして大迫にとってははじめてのW杯での得点。しかも試合を勝利に導く価値あるゴール。

勝利後インタビューでも、「夢がかなった」と言っていたけど、そのとおりで見ているこちらもうれしくなる。

小さなころからサッカー一筋で、高校時代、Jリーグ時代にエリートコースを歩んできた男はここでも大きな結果を自らつかみ取った。

グループステージ突破が見えてきた

さて、今後はセネガル、ポーランド戦が待っている。

しかし日本がグループステージを突破できる可能性が限りなく高まってきている。

早ければ次節のセネガル戦で決まってしまうかもしれない。

アフリカチームは想像を超えた身体能力を発揮してくるが、ディフェンスの甘さや後半集中力の乱れから組織プレーがずさんになるので、後半勝負で頑張ってほしい。

最後まで日本代表を応援する!

頑張れ日本!

この記事が少しでもお役にたてればツイート&シェアお願いします★

ABOUTこの記事をかいた人

アラフォー男子。 「Webサービスとメディアを作る」仕事をしています。 大学卒業後、サラリーマン7年間→ベンチャー企業経営5年間→フリーランス5年目へ。 -最近の研究テーマ- ◆フリーランスの働き方 ◆オンラインサロンの楽しみ方、始め方 複数のオンラインサロンで活動中|みんなとワイワイするのが好きだけど実は出不精(;^_^A