今人気のワードプレスプラグインRinker(リンカ―)がアフィリエイト設定の時短に役立ちすぎる!初心者に絶対オススメ!

ブログ記事に紹介したい商品のアフィリエイトコードを埋め込む作業が苦手な方、時短したい方は沢山いると思います。

私もそうでした。

エンジニアでもプログラマーでもないので、難しいことを言われてもわからないし、専門用語が並んでしまうとあきらめてしまう・・・。そしてなによりもめんどくさい・・・。

そんな経験からアフィリエイトから遠ざかってしまった方、あきらめるのはまだ早い!

この神のようなプラグイン「Rinker」が登場しました。

Rinkerとは

Rinker(リンカー)とは、Amazon・楽天・Yahooの商品リンクを生成できるワードプレスのプラグインです。

このプラグインを使うと、商品リンクを「おしゃれに」「簡単に」「素早く」記事内に作ることができます。

例えばこんな感じです

まだこのプラグインを使っていない方はこの機会にぜひ導入してみてください。

さっそくRinkerベーシックをダウンロードをする

Rikerの公式サイトはこちら。導入や設定方法から使い方までわかりやすく書かれています。

商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト

 

Rinkerをおすすめする理由

①商品リンクに価格が表示される

Rinkerを使う前はカエレバというツールを使っていました。

でもカエレバだとアフィリエイトリンクに商品価格が表示されないんですよね。

ブログ記事の読者にとって紹介されている商品の価格は気になるところです。

Rinkerだとその点安心ですよね。

②プラグインだからワードプレスの管理画面内でアフィリエイトコードが生成できる

Rinkerはとにかく「使いやすい」・「早くできる」というのも特徴です。

プラグインだから、ワードプレスの管理画面内ですべてできます。

また、記事内にコードを埋めるのも、エディタを「ビジュアル」モードのままでいけます。

アフィリエイトコードは通常、テキストモードに切り替えて張り付けて、もう一度ビジュアルモードで記事を書くというプロセスが多いです。

これがめんどくさい!と思っていた方も多いはずです。

Rinkerはその点非常に便利です。

③アマゾン・楽天・ヤフーショッピングのリンクに対応

ネット通販企業大手3社のリンクが同時に生成できるのも、読者にとってはありがたいですよね。

それぞれ3社でポイント貯めている方にとっては、自分の好きなサイトで買えますから。

この点も読者目線がしっかりされている訳です。

ちなみに、Rinkerを使うならもしもアフィリエイトに事前に登録しておくと便利なのでおすすめです。

もしもアフィリエイトに新規登録する

④共同運営型メディアには最適

僕はこのブログとは別で、メンバー7人で共同運営している書評メディアがあります。

実はRinkerってメディアの共同運営には最高に相性がいいと思います。

7人で共同運営していると、メンバー各人でワードプレスやアフィリエイトの知識にばらつきが出てきます。

ばらつきがでてくると、

  • メンバーによってはアフィリエイトコードの生成ができない
  • アフィリエイトコードのIDがばらばらのところから生成されてしまう

などの問題が発生してきます。

そういった問題を防ぐためにこれまではアフィリエイト担当を1人にして全記事一人のメンバーでアフィリエイトを張っていました。

しかしこれからはRinkerをつかってメンバー一人一人が自分の記事にアフィリエイトを設定できそうです。

まとめ

Rinkerはとにかく「簡単」「使いやすい」「価格表示含めデザインが素晴らしい」と良いこと尽くしなのでワードプレスブロガーはこの機会に導入してみてください。

商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト

この記事が少しでもお役にたてればツイート&シェアお願いします★

ABOUTこの記事をかいた人

アラフォー男子。 「Webサービスとメディアを作る」仕事をしています。 大学卒業後、サラリーマン7年間→ベンチャー企業経営5年間→フリーランス5年目へ。 -最近の研究テーマ- ◆フリーランスの働き方 ◆オンラインサロンの楽しみ方、始め方 複数のオンラインサロンで活動中|みんなとワイワイするのが好きだけど実は出不精(;^_^A