【アフィリエイトのリスク管理】もしもアフィリエイトから登録サイトを削除される?

もしもアフィリエイトは、物販アフィリエイトするのに優れたASPです。

なのでアフィリエイターとしては必須の登録ASPとなります。

しかし先日、もしもに登録しているサイトが強制的に削除されました。

その理由の検証と、もしもアフィリエイトの規約をチェックしてみましょう。

 

なお削除されたの登録しているサイトであって、アカウント停止やアカウント削除には至っていません。
この記事はこんな方におすすめ!

・もしもアフィリエイトで強制的に登録サイトが削除された方

・これからもしもアフィリエイトを始める方

 

登録サイト削除の経緯

ある日、記事のリライトをしようとチェックしていたら、

もしもアフィリエイトのリンクが切れていることが発覚。

「あれ?おかしいな」と思って管理画面にログインすると、登録サイトが無くなっている・・・。

最初に思ったのは、「自分で間違って削除してしまったのかな?」ということ。

いや、そんなはずはない。そう思いながら何度もチェックしてみた。

しかしやはり登録サイトはなくなっている。

どうやら「一方的に登録サイトが削除された」ということを理解。

なお一方的な削除についてのもしもコメントは次のとおり

※なお、もしもアフィリエイトにご登録の際は ガイドラインをご確認いただいたうえで
ご登録いただいているものと認識しているため 登録削除前にご連絡は差し上げておりません。
ご了承ください。

削除された原因

それから3日後くらいにもしもアフィリエイトからメールが届く。

記事内にYouTubeの動画を読み込んでいたのだが、それが原因だったらしい。

誰かがあげた(著作権を侵害しているかもしれない)YouTube動画をブログに埋め込むとペナルティとなる。

初歩的な事かもしれないですが、初心者ブロガーには割とある話かもしれないですね。

サイトを修正するには?

この時指摘されたページは1ページだけだったけど、もしかしたら他にもあるかもしれない。

記事はすでに100記事以上あるからどうやって修正していこうかなと考える。

何か一括で違反している動画や画像がわかる方法があればいいのに。

残念だが一つ一つチェックしていくしかなさそうだ。

まずは該当しそうな記事をすべて下書きに戻す。

チェック→リライトして再度公開するという流れで作業を進めます。

 

もしもアフィリエイトの規約を確認する

ここで今一度もしもアフィリエイトのガイドラインをチェックしておきましょう。

 

・「もしもアフィリエイト サイト登録審査ガイドライン」
http://shop.af.moshimo.com/af/shop/support/siteGuideline 

・「サイト運営ガイドライン」 
https://af.moshimo.com/af/shop/support/operationGuideline

 

今回は、

  • 「パブリシティ権を侵害するおそれ」
  • 「著作権を侵害するおそれ」
  • 「著作権侵害サイトへ誘導している(リーチサイトとなっている)」

あたりに該当してしまったのではないかと反省。

 

登録サイトが削除されて困ったこと

ASPの規約やガイドラインは細かい内容が多くあまり読まずに進めている方もいらっしゃると思います。

私もそうでした。

しかし頑張って作ったブログを規約違反でBANされるなんてもったいないですよね。

登録サイトが削除されると、様々な弊害が出ます。

  • 過去に設定していたもしもアフィリエイトのリンクはすべて無効になります
  • 過去に提携していたプロモーションはすべて提携解消になります
  • 再度サイト登録申請をする必要があります

 

ルールを守ってもしもアフィリエイトを活用していきましょう。

この記事が少しでもお役にたてればツイート&シェアお願いします★

ABOUTこの記事をかいた人

アラフォー男子。 「Webサービスとメディアを作る」仕事をしています。 大学卒業後、サラリーマン7年間→ベンチャー企業経営5年間→フリーランス5年目へ。 -最近の研究テーマ- ◆フリーランスの働き方 ◆オンラインサロンの楽しみ方、始め方 複数のオンラインサロンで活動中|みんなとワイワイするのが好きだけど実は出不精(;^_^A