noteやTwitterから読み取れる!ゆうこすのファンを大切にする姿勢がすごい。

以前、ゆうこすのIGTVの分析がすごいという記事を書きましたが、今回はそれの第2弾です。

以前の記事はこちら↓↓

インスタグラムの新サービス「IGTV」を分析したゆうこすの記事がすごい!

 

今回はゆうこすのファン思いがすごすぎる件について検証してみます。

ゆうこすは普段からファンを大切にしている

ゆうこすって、すっごくファンを大切にする方なんです。

ファン思いな発信はいたるところで見かけるのでリップサービスとして言ってるんじゃなくて、

心からそう思ってるんだろうなって感じます。


これらのツイートは、にわかファンな僕でも心に刺さります。

本当応援したくなる。

これまでアンチもたくさんいただろうけど、今はほとんどいないんじゃないかな?

そう思えてならないです。

他のインフルエンサーとゆうこすの違い

今活躍しているインフルエンサーや人気タレントはその多くがしょっちゅう炎上しています。

炎上して、アンチができればその分コアなファンも増えるという考え方です。

ファンや支持層に対してお金を払ってくれるファンはえらい!とクラスタ化したり、

無料(お金を払わない)のファンはいらない(優先度がさがる)的なことを発信します。

(それが悪いとは言っていません。)

しかしゆうこすからはそういったファンを区別するようなことや、いちいち言わなくてもいいのにというネガティブなコメントはほとんど聞いたことがありません。

そこがゆうこすのいいところでもあります。

ゆうこすのnote記事から感じ取れるフォロワーファーストの姿勢

こちらの記事を読んでいるとゆうこすのフォロワー(ファン)のことを考えている姿勢に感服いたします。

IGTVをもう1回使ったらもっと分かった勝ち方

まだ読んでいない方はぜひチェックしてみてください。

さらっと内容を書くと、

IGTVを公開するまでのプロセスもフォロワーとやり取りする

インスタグラムのストーリーズを使って、公開までの時間を共有したり、コメントに返信し、

公開したときのワクワク感を醸成しているようです。

見る側の環境を想像して動画制作する

自分自信のスマホの使い方を踏まえ、スマホはマナーモードにしている人が多いはず→IGTVの冒頭ではいきなり音がならないように、無音の状態でも楽しめるようテロップを入れてみる。

IGTVを見るときは、YouTubeとちがって100%スマホで見る。ほかのことをしないで見るから、動画が何分で終わるのかを分かるようテロップで表現する

などなど。

自分がフォロワーだったらどうするかを細かいところまで考えつくしたアイデアがたくさん!

本当にすごい!尊敬しかありません。

最後に、ゆうこすから、この夏の決意表明を。


これからもゆうこすのこと、応援し続けます。

 

この記事が少しでもお役にたてればツイート&シェアお願いします★

ABOUTこの記事をかいた人

アラフォー男子。 「Webサービスとメディアを作る」仕事をしています。 大学卒業後、サラリーマン7年間→ベンチャー企業経営5年間→フリーランス5年目へ。 -最近の研究テーマ- ◆フリーランスの働き方 ◆オンラインサロンの楽しみ方、始め方 複数のオンラインサロンで活動中|みんなとワイワイするのが好きだけど実は出不精(;^_^A