仕事の生産性を高める方法!時間を有効的に使える作業ソンという手法

フリーランスや個人事業主として一人で仕事をしていると途中で集中力が切れたり、

やる気が無くなってしまって進まないとことがあると思います。

そんなときは「作業ソン」というやり方をお勧めしています。

先週から作業ソンに取り組んでこれまで3回やってきました。

まだまだ初心者の域ではありますがやってみた気付きをまとめました!

 

この記事はこんな方におすすめ!

・フリーランスや個人事業主として一人で仕事をすることが多い人

・作業をしているとつい他のことをやってしまい進まない人

・仕事を効率化したい人

フリーで仕事をしている人にオススメ:作業ソンとは何か?

作業ソンは、

  • 時間を決めて
  • 複数人で
  • 各々がやりたい作業を行う

たったそれだけのことです。

作業ソンとは、「作業+マラソン」の略です。また、作業ソンでは「ポモドーロテクニック」を活用しているのです。

 

生産性を高める手法「ポモドーロテクニック」とは?

ポモドーロ・テクニックは、短時間の集中作業を繰り返すことで、仕事を成し遂げるテクニックです。

もともとは90年代に起業家で作家のフランチェスコ・シリロさんによって発明された方法です。

ポモドーロという名前は、時間をはかるタイマーがトマト型のキッチンタイマーにちなんでつけられたそうです。

*ポモドーロはイタリア語でトマトの意

ポモドーロ・テクニックの具体的なやり方はとてもシンプル

必要なものはタイマーだけです。

スマホのタイマーでもいいですし、キッチンタイマーでもなんでもOK。

ぼくはスマホアプリ「Be Forcus」を使っています。

進め方もとってもシンプル

  1. 達成しようとするタスクを決める
  2. タイマーで25分を設定する
  3. タイマーが鳴るまでタスクに集中する
  4. 5分休憩する
  5. 2~4を3回繰り返す

ここまでがワンセットです。

ワンセットを終えると少し長めの休憩(15-30分)ほど繰り返してまたワンセット始めるといった感じです。

定期的に休憩もとれて、常に集中できる状態を保つことができるのがメリットです。

また、集中力を発揮させて生産性をあげるように自分を仕向けていくのでクリエイティブなタスクが向いています。

  • 向いている➡ブログや動画を制作する、プログラミングをする
  • 向いていない➡書類にハンコを押すなど事務的作業、思考力を必要としない単純作業

これをやることで生産性は大きくあがります。

 

実際にやってみた様子

こんな感じでLINEグループでやり取りしています。

一人がタイムキーパー役をやってくれて進めてくれています。

休憩中に少し感想を述べながらリラックスするのもいいですし、しっかり休憩するもよしです。

 

やってみた感想

例えばこんな感じです。

生産性が上がるうえに、精神状態もプラスになっていくのがよくわかります。

一緒にやったメンバー全員が「これはやってよかった!」と充実感を感じているようです。

朝にやると、一日が楽しく始まりますし、

夜にやると、今日も頑張ったなーと気持ちよく眠ることができます。

まとめ

仕事や作業を効率化したい人、そんな方法や手法がないかな?と探していた人は

このポモドーロ・テクニックを使った作業ソンを友達や仕事仲間とやってみてください。

必要なものはタイマー(スマホのアプリでOK)だけ。

やり方もシンプルです。

  1. 達成しようとするタスクを決める
  2. タイマーで25分を設定する
  3. タイマーが鳴るまでタスクに集中する
  4. 5分休憩する
  5. 2~4を3回繰り返す

ぜひお試しあれ!

この記事も作業ソンで50分で書きましたよ(通常だと90分くらいかかってしまうかも)

 

よければこちらの記事も参考に♪

この記事が少しでもお役にたてればツイート&シェアお願いします★

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    アラフォー男子。 「Webサービスとメディアを作る」仕事をしています。 大学卒業後、サラリーマン7年間→ベンチャー企業経営5年間→フリーランス5年目へ。 -最近の研究テーマ- ◆フリーランスの働き方 ◆オンラインサロンの楽しみ方、始め方 複数のオンラインサロンで活動中|みんなとワイワイするのが好きだけど実は出不精(;^_^A