書評メディアわたしの本棚の運営報告(6月度)アドセンス、アフィリエイト収益は?

先月に引き続き5月から運営している書評メディア「わたしの本棚」の2か月目の運営報告です。

書評メディア「わたしの本棚」をリリースしてから1か月がたちました

2018.06.04

この記事はPVや収益などを公開して、書評メディアや書評ブログの運営実体を知ってもらうことでこれから書評を書いていく人たちに何かのヒントになれればと思っております。

 

この記事はこんな方におすすめ!

・書評ブログをやっているが他の書評メディアの実態(PV他)が気になる方

・書評ブログはどれくらい稼げるのか興味がある人

・これから書評ブログをはじめようと考えている方

 

6月のアクセス・記事数・収益をまとめて公開

PVと収益の分析

何はともあれセッションとUUが前月比で伸びたのが良かったです。

PVは落ち込んじゃいましたけどね。

PVが2割弱落ちたのでアドセンスも2割弱落ちるかと思いきや、アドセンス収益は微増という結果。

ここはまだまだ研究する余地がありそうです。

アフィリエイトは前月の4倍ほど伸びました。

しかし本のアフィリエイトは単価が低いです。

1冊売れても40円~50円くらい。

このままでは先も見えています。

書評メディアで収益をあげていくのはやはり難しいのでしょうか?

記事数について

累計記事数は目標にしていた100記事を達成することができました。

どの記事も本への愛があふれた書評となっています。

これからもコツコツと記事数を積み上げていきたいと思います。

 

【良かったことまとめ】

  • セッション・UUが前月から伸びた
  • 検索流入が3倍以上になった
  • 累計記事数が100記事を超えた
  • 6月収益が前月1.7倍になった

 

書評ブログで収入を得る、稼ぐためには

 

書評ブログやメディアを運営する人たちの考えていることは、

  1. 好きな本を読んだら誰かと共有したい
  2. 手軽に始められるブログで書評を書く
  3. ブログを書くなら収益化したい(本を売れたらアフィリエイト、PVが伸びたらアドセンス収益)

という流れだと思います。

しかしこれで稼げることはほとんどありません。

なぜなら、本が売れたときにアフィリエイト収益単価が低いのと、アドセンスと書評の相性があまり良くないからです。

2か月たって、そのことが明確にわかりました。

趣味で書評を書いているのであればここから先は考えてなくてもよいですが、

書評ブログで稼ぎたい・収入を上げたい方は考えを変える必要があります。

それは、

「本を売る発想から抜け出す必要がある」

ということです。

本を売るのではなく、本に関する記事で稼ぐという発想が必要だと思うのです。

例えば、

  • 本を買うために読者がとる方法
  • 本を読み終えたあとに読者がやること
  • 読書中快適に過ごす方法

などです。

これらの記事で収益をあげていくことを考える必要がありそうです。

この考えは僕自身、まだまだ仮説の段階で、8月から少しずつチャレンジしていこうと思っています。

また結果報告をしていきたいと思いますので引き続きよろしくお願いします。

この記事が少しでもお役にたてればツイート&シェアお願いします★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アラフォー男子。 「Webサービスとメディアを作る」仕事をしています。 大学卒業後、サラリーマン7年間→ベンチャー企業経営5年間→フリーランス5年目へ。 -最近の研究テーマ- ◆フリーランスの働き方 ◆オンラインサロンの楽しみ方、始め方 複数のオンラインサロンで活動中|みんなとワイワイするのが好きだけど実は出不精(;^_^A