ビジネス

オンデーズの戦略にこれからの時代のヒントを垣間見る

とあるプロジェクトで
オンデーズから破天荒フェニックス80冊が届いた時に一緒に送付されていたメッセージに目がとまる文章を見つけた。

良い商品を作る。値段を安くする。お店を立派にする。それらは今の時代において最早、あって当たり前の必須作業でしかなく、競争力にはなり得ない。

テレビCMを流す?有名タレントで広告を打つ?たしかに一時的な売上は上がるかもしれませんが、「認知」が上がるだけで人気は上がらない

これからの時代は人気のあるブランド、応援したくなるブランドが絶対に勝つ時代
徹底的にさらけ出して丸裸にすると言う作戦

各SNSで目一杯「個人」を出して自由に発言、発信をしています。
商品を売る前に物語を売る

認知度を上げるよりも応援してもらえる為に何をすれば良いかを徹底的に考える

この考え方、オンデーズに限らず多くのプロダクト、ブランド、サービスが参考になるだろう。

ABOUT ME
マコ
フリーランス。社会起業家。東京在住。 Web制作/EC制作/コンサルティングをしながらNPO法人でも活動しています。 大学卒業後、サラリーマン7年間→ベンチャー企業経営5年間→フリーランス→社会起業家へ -最近の研究テーマ- ◆社会課題解決 ◆NPO法人の設立・運営・マネタイズ ◆フリーランスの働き方 ◆オンラインサロンの楽しみ方、始め方