ビジネス

互いが利益を生み出せるクライアントとコンサルの関係性

今日は15時 クライアント先でワーク。

先月の事業収支やKPIの報告だ。この事業は先月でちょうど1年経つが初月からずっと黒字続きの優良事業。

クライアントもユーザーも僕もメリットがあるのでやりがいも大きい。3方よしでいうことなし。

こういう事業ばかり生み出せるといいのだけど。

 

クライアントとコンサルタントの関係性にはいくつかある。

①クライアントに利益が上がり、その利益額に応じてコンサルタントにも支払いができるWin-Winな関係

②クライアントに利益が上がるが、コンサルタントには少額しか払われない関係

③クライアントには利益が上がらないが、コンサルタントは固定費を頂いている

④クライアントに利益が上がらず、コンサルタントも少額しか払われない関係

もちろん望むのは①の形。

しかし現実はなかなかそういったプロジェクトに出会わない。

多くの場合は③じゃないかな。

でもこれから重要になってくるのは、②のスタイル。

とにかく自社(自分)より相手を勝たせる!

これができると仕事が面白くなってくる。

ABOUT ME
マコ
フリーランス。社会起業家。東京在住。 Web制作/EC制作/コンサルティングをしながらNPO法人でも活動しています。 大学卒業後、サラリーマン7年間→ベンチャー企業経営5年間→フリーランス→社会起業家へ -最近の研究テーマ- ◆社会課題解決 ◆NPO法人の設立・運営・マネタイズ ◆フリーランスの働き方 ◆オンラインサロンの楽しみ方、始め方