メルカリ独自の文化「専用」「購入していいですか?」「値引き」

メルカリを始めてそろそろ一か月がたとうとしています。

始める前に思っていたより結構売れていくのですっかり夢中になっています。

これからは本だけでなく、ファッションや雑貨アイテムも出品していこうかな。

 

さて、メルカリを初めて気づいたのですが、どうもメルカリならではの独自の文化があるようです。

公式ルールではないみたいですが、結構使われている暗黙のルールなのでメルカリユーザーは知っておいた方がいいかもしれません。

独自ルールその1:「〇〇様専用」

専用

購入希望のユーザーさん(仮にAさんとします)から買うことを確約しますと言われた場合、

他のユーザーさんが買わないように「A様 専用」とタイトルや画像に記入したりすることです。

お店でいうところの「取り置き」みたいなものでしょうか。

専用と記載すると、暗黙の了解でAさんだけが購入できますよーという意思表示となるようです。

しかしこの「専用」ルール、メルカリ運営事務局は公式ルールとしていません。

また、システム上はAさん以外でも購入できる状態にあります

結果、トラブル発生してしまうということにもなりかねません。

人気商品で複数のユーザーさんがコメントを通じて購入意志を表示してきた場合など注意が必要です。

私はまだ専用を使ったことはありません。今後もなるべくなら使いたくないなと思います。

独自ルールその2:「購入していいですか?」

 

メルカリの商品ページをみているとたまにコメントに「購入していいでしょうか?」というのを見ます。

え、普通に何も言わないで購入すればいいんじゃないの?って思いませんか?

これは、出品者が同じ商品を他のサイトやアプリでも出品していて、タイミング的に2重に受注してしまうというトラブルを防ぐための事前確認です。

出品者さんの中には、購入前には必ず「購入意志をコメントに書いてください」ということをプロフィールに書いている方を見かけます。

商品在庫が1つしかないものを他サイトでの同時出品は規約上NGなのに。

購入者側は出品者のプロフィールを確認してから購入しないとトラブルに発展しかねないですね。

私は在庫が1点しかないものを他サイトと重複出品をしていないので何もコメントせずにそのまま購入してくださいと思います。

(コメントせずに購入することを即購入と言います)

独自ルールその3:「値引き」

メルカリは値引き交渉が頻繁に行われています。

出品側もある程度値引きが入ることを想定して価格を決めているようです。

商品ページのコメント機能を使って値引き交渉が成立して購入できた場合、お得感を感じますもの。

なので、値引き交渉自体はいたって自然なものなのだとメルカリユーザーたちには捉えられているようです。

しかし中には、大幅な値引きを要求してくるユーザーがいたり、値引き交渉をするだけして購入せずに放置したりするような悪質なユーザーも存在ます。

私も値引きはこれまでしてきましたが、値引き後は即購入してもらえるようコメントしています。

 

ま、いずれにしても気持ちのよい取引ができるよう心掛けたいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です