SEO対策を独自でやるなら必読のおすすめ本2冊

SEO関連の書籍

最近、SEO対策関連の本を5~10冊読んできました。

完読したのもありますし、途中でやめてのもありますが。

色々読んでいく中で、絞り込むとこれだけは読んでおいてほしいという本が2冊ありましたのでご紹介します。

 

SEO対策を自社(自分)でやりたい人におすすめの本

SEO対策のためのWebライティング実践講座

鈴木 良治 (著) 2015/2/19

(目次)
第1章 なぜWebライティングがSEO対策に有効なのか?
第2章 実践! コンテンツライティング
第3章 実践! Webコンテンツの編集と校正
第4章 効果的なキャッチコピーを生み出そう
第5章 コンテンツを改善しよう
第6章 目的別ライティングのポイント
第7章 プロも使う無料ツール紹介 Webライティング編
第8章 プロも使う無料ツール紹介 SEO対策編
第9章 プロも使う無料ツール紹介 運用・管理編

 

この本はコンテンツ(記事やLP他)を作るときの技術が親切丁寧に書かれています。

また、具体性もあるので読みながら実践やすいでしょう。

例えば、キーワードプランナーを使ってテーマやキーワードを絞り込む作業の章では、Googleadwordsのアカウント作成方法からキーワードのCSV形式のダウンロードまで記されています。

なので、SEO対策や広い意味でのWebマーケティングを全くやったことがないという人でも実践できそうです。

ここに注目しました!

この本の一番優れているなと感じるところは、「検索エンジンを提供しているGoogle社ならどう考えているか?」という視点に立って、上位表示されるために必要な考え方を述べているところだと感じました。

普段私たちは、SEO対策というと「どうすれば上位表示されるのか?」と自分本位の立場=検索エンジンに表示される側から発想しがちです。

しかし、逆に自分が検索エンジン側の立場だったらどういうコンテンツを上位表示させるとユーザーが喜ぶのかな?と考えることが重要だと気づかされます。

この考えに立ってコンテンツ制作をしていくと、小手先のテクニックのみに走ることなく、本質的なSEO対策が自然とできるようになるのではないかと感じました。

 

成果を出し続けるための王道SEO対策実践講座

鈴木 良治 (著) 2016/4/27

(目次)
第1章 効くSEO対策とは!?効果を出すためのSEO対策
第2章 まずはチェック!ダメなところから作り直そう
第3章 Webサイトの土台!常に成果を上げる戦略設計
第4章 効果を高める!早く正しく伝える技術
第5章 SEO対策を仕掛ける!内部SEO対策の実践法
第6章 Search Console で効率的な管理!
第7章 危機を乗り越える!ペナルティの判定法と対応法
第8章 プロも使っている!無料ツール紹介

 

この本は先ほどの「SEO対策のためのWebライティング実践講座」がコンテンツ制作やライティングによるSEO対策だったのに対して、こちらは「内部対策」「外部対策」「環境対策」などが書かれています。

なのでセットで読むことをお勧めします。

Webサイトの設定や環境構築と、SEOライティングが両立できると相乗効果が発揮されるでしょう。

ここに注目しました!

この本の中でも第6章Search Console(グーグルサーチコンソール)の設定から使い方が非常に重要だと読みながら感じました。

Web制作やプロモーションのコンサルティングを行っていると、サーチコンソールを知らない、設定していない、使っていないという企業様を多く見かけます。

たくさんコンテンツを量産していても、サーチコンソールでインデックス化しないとそもそも検索結果に表示されませんからね。要注意です。

この本ではサーチコンソールだけで1章分の情報量を提供してくれています。

 

SEO対策は時代によって変わってくるもの。なるべく新しい本を読もう!

今回5-10冊ほどの関連本を読んで感じたのは、「SEO対策は時代と共に変わる」ということでした。

2018年現在だと2013年以前に出版されたSEO本の内容は古くてあまり効果がないと感じるモノもあります。

例えば昔はSEO対策=外部リンク獲得が主流でした。

しかし現代はSEO対策=オリジナルコンテンツの制作が主流です。

そして未来はまた変わってくるでしょう。

時代と共に情報やルールが更新されるSEO対策ですから、定期的に情報をアップデートしていきましょうね。

 

[cc id=”370″ title=”Twitterフォロー”] 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です