盛り上がった!3月21日K1フェスタ ベストバウト 2018.03.21

KS FESTA

2018年3月21日(水・祝)は、新生K1にとって大きな意味のある日になりました。

そう、K’S FESTA.1が開催された日でした。

1日で19試合行われたこのK1イベント。

新生K1が立ち上がってからほぼすべての試合を見てきた筆者が選ぶ”見逃せないバウト5戦”をご紹介いたします。

感動したK1ファイト5戦

第5位 卜部弘嵩 vs 皇治【K-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・一回戦1】

皇治はいつもどおり記者会見から饒舌に卜部をあおる。

卜部は挑発に乗らず、試合をみてくれというメッセージ。

試合前から注目度が高く、またK’S FESTA.1の1試合目ということもあり盛り上がるのは必然でした。

 

ここに注目!

皇治の記者会見の挑発やあおりは毎回面白くてファンも多いのですが、如何せん試合ではそこそこ弱いww(特に体力がないイメージ)

一方で卜部も、過去にチャンピオンになっているけど、最近はパッとせずに負けが続いており、強いころの卜部は影を潜めている。

皇治が記者会見で言ってた、「ひろやん、弱っとるからヘルメット付けて戦った方がええんちゃう?」といってヘルメットを渡すパフォーマンスは、大いに会場にうけていたが、”本当にそう思う”って視聴者も多かったはず。

トーナメント1回戦でお互い、早めに終わらせたいと思っていたでしょうけど、試合は延長までもつれ込む接戦へ。

見ごたえたっぷりでした。

 

第4位 小宮山工介 vs 武尊【K-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・決勝戦】

この日のメインイベントだったスーパー・フェザー級決勝戦。

武尊にとっては3階級制覇がかかる大事な試合。

相手の小宮山工介はこの日の1回戦・準決勝の2試合ともに、非常に調子がよさそうで試合巧者ぶりを発揮していました。

距離をとって戦いたい小宮山と接戦だとかなり強い武尊。果たしてどちらがベルトを腰に巻くのか?

常にプレッシャーをかけ、距離を詰めていく武尊に対して、小宮山は前蹴りや回し蹴りなどを巧みに使い、2Rくらいまでは自分の距離で戦っていた。

しかし武尊のプレッシャーをかわし続けることはできず、最後は武尊のKO勝利。

 

ここに注目!

1回戦から見ていると、小宮山は全試合、距離をとって、蹴りを多発して勝ってきています。

1回戦で小宮山と戦ったタイ人のスアレック・ルークカムイも、準決勝で戦った皇治も距離を詰めにいったけど、捕まらなかった。(=それだけ小宮山の試合巧者ぶりが目立った!)

しかしその小宮山をしっかり詰め切ってKO勝利してしまうのだから、武尊はやっぱ強い!

 

第3位 王者・野杁正明 vs 挑戦者・大和哲也【K-1 WORLD GP スーパー・ライト級タイトルマッチ】

小さなころから仲良しの二人。

因縁対決や相手を見下したり(馬鹿にしたり)する対戦が多いK1の中で、この二人の試合だけはそういう感情が一切なく、純粋に強さを競う戦い。

ファイトスタイルも似ている二人。中盤から後半はほぼ足を止めて打ち合いが続き、力と力のぶつかり合いが見れました。

ここに注目!

昔から仲の良い先輩後輩の二人。

そういう二人の関係性とか、それでもリングに上がってくる二人の気持ちとかそういうのを知ってからこの試合を見ると、ジーンと胸の内側から熱くなります。

二人ともにエールを送りたい。

しかし、野杁選手は本当に強いですね!

 

第2位 武居由樹vs久保賢司 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝戦

足立区出身のみんなに好かれている武居選手と嫌われ役”死神”久保選手の戦い。

2017年にも戦っていますが、その時は武居選手の判定勝ち。

しかし、2017年全勝の武居選手が唯一KOできなかったのが久保選手でもあるんですよね。

武居選手が勝つんだろうなと思ってましたが、心のどこかで久保選手に勝ってほしいと思っていた自分がいます。(笑)

試合は終始冷静に、持てる力を存分に発揮した武居選手が見事な1R KO勝利。

いやー、パンチもキックも使い分けて繰り出していましたから、これはガードする方も的が絞れないで大変ですよ。

 

ここに注目!

個人的には、この二人、漫画「はじめの一歩」にでてくる、一歩=武居選手と間柴=久保選手のように感じるんですよね。(初期のころの二人ですよ)

すくなくとも、いつも謙虚でみんなに愛されている武居選手は幕の内一歩のようです。(笑)

 

第1位 ゲーオ・ウィラサクレック vs 平本 蓮【スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級】

平本選手のことは彼がまだそんなに知名度がなかった2015年ごろから注目していた。

ゲーオは新生K1で”一番強い”と言われてきた強さの象徴。

平本自身もK1の中で一番尊敬している(=強い)のはゲーオというくらいだ。

平本は成長株の若手でこれからK1を背負っていく逸材であることは間違いないけど、現時点ではガチでゲーオに勝てると思っている人は少なったはずだ。

そのゲーオに、ガチで撃ち合ってKO勝利をもぎ取った。

これには大変感動した!KOした瞬間は思わず声と涙が出た。とてもうれしかった瞬間だ。

 

ここに注目!

平本選手の所属ジムはK1総本部ペガサス。

若手が多いペガサスで最注目選手だ。

他のジム出身選手が活躍していた2~3年前にはあまり目立った存在ではなかったけど、今は一気に有力ジムの一つとなった。

しかし、そのころから地道に練習を積み上げ、平本選手はじめ、軍司選手や芦澤選手など成長株が頭角を表している。

トレーナーの梶原龍児さんもかなり喜んでいることだろう。

 

K1はまだまだ盛り上がる!

新生K1は、現在武尊が中心となってどんどんファンを増やしている。

しかし武尊も今年で27歳となり、若手というよりは中堅になってきた。

しかし、平本(19)や武居(21)のような若手のスターも出てきている。

平本や武居は、武尊とはタイプの違うスターだ。

武尊のように貪欲さ、昔ながらのスター感は好きだが、

口下手な平本や、謙虚な武居など、”新しいタイプのスター”がK1を引っ張ってくれることを楽しみにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です