カテゴリーやタグにもメタデータ(ディスクリプション)記述していますか?

サーチコンソール

ブログ記事を書く時、SEO対策としてタイトルタグとディスクリプションタグにキーワードを入れ、読まれるタイトル・説明文を書くのは多くの方がすでにやっていると思います。

しかし、カテゴリーやタグページにもディスクリプションタグをしっかり書いているという方はまだ少ないのではないでしょうか。

今回は、見落としがちなカテゴリーやタグページのディスクリプションについて書きます。

 

カテゴリーページも検索結果に表示される!

ブログにおけるカテゴリーの役割は同じ種類の記事にまとめ、ユーザーにわかりやすくすることです。

しかし、まとめ一覧を表示しているこのカテゴリーページもしっかりとした一つのページであり、検索結果に表示(インデックス)されます。

よって、このカテゴリーページにもディスクリプションタグをしっかり書いておくことでSEO対策になります。

 

Googleサーチコンソールで指摘される!

サーチコンソール

このように、サーチコンソールでチェックすると、ディスクリプションが短いと指摘されるページが一覧で表示されます。

指摘内容によると、

「メタデータ (descriptions) を記述することで、ユーザーが検索結果ページでサイトのコンテンツの内容を確認できるようになるため、サイトへのアクセスにつながります。」

とのこと。

要は、検索結果に表示された後、クリックされるかどうかはディスクリプションタグ次第ですよ!と言ってるわけです。

せっかく検索結果に表示され、ユーザーにサイトを見つけてもらったのに、クリックされないのはもったいないですよね。

これを機にディスクリプションタグを記述していきましょう。

こちらの画面は、サーチコンソールにログイン>検索での見え方>HTMLの改善 と進んでいくと表示されます。

 

wordpressではディスクリプションタグが入力されていないと「-」と表示される

試しに、カテゴリーにはすべてディスクリプションタグを入力し、タグページには未入力のままにしてみました。

タグページ

こちらはタグの管理画面。なにも入力していないので、「―」と表示されます。

カテゴリーページ

こちらはカテゴリーの管理画面。入力すると内容が反映されます。

wordpressの管理画面ではこのようにしっかり反映されて一覧で見ることができるので便利です。

ぜひこの機会にカテゴリー・タグにもディスクリプションタグを記述してみましょう。