“Mercari Fashion Tech Talk Vol.2”に行ってきたよ!#メルカリ本社

3月23日(金)に開催された“Mercari Fashion Tech Talk Vol.2”に参加してきました。

FASHION TECH界隈の起業家と担当者が集まりトーク&交流するという素敵な会。

場所は、メルカリ本社(六本木ヒルズ18階)で開催されました。

テーマは、第一部が「Fashion×Techの近未来図」、第二部が「EC/Marketplace型の人気サービス担当が考える、ファッションはテクノロジーで売れやすくなるのか」というもの。

両方とも、今の仕事に関わり合いがあり、興味深い内容でしたね。

 

第一部:「Fashion×Techの近未来図」

ゲストスピーカーは3名。

Virtusize:上野 オラウソン アンドレアス 氏
ニューロープ:酒井 聡 氏
GAUSS:宇都宮 綱紀 氏

 

3名ともAIを使ったサービスを展開されているスタートアップな方々。

個人的にAIというものがファッションビジネスにどう役立っていくのか、ほとんどイメージできていないので、

半分くらい話についていけなかった(汗)

 

”なんだかすごいことがこれからおきるのかもしれない”

 

そう思う反面、

 

”それって、人間がやった方が早い(楽になる)んじゃない?”

 

と思うところもありましたね。

 

例をあげると、Virtusizeというサービスは、服を買う時に気になるサイズをデータ化し、比較することでサイズ違いを解決できるということがソリューションなようです。

仮にA社とB社がTシャツ(Mサイズ)を作っているとします。

A社・・・細みのスタイルのブランドなので、身幅が45センチ。

B社・・・ゆったり系のブランドなので、身幅が60センチ。

このように企業やブランドによって、同じTシャツ(Mサイズ)でも大きさは違うわけです。

その各社のサイズをデータ化し、AIの力でユーザーにお知らせ・提案し、自分にぴったりのサイズを教えるというような内容でした。

このソリューション、各社のサイズがデータベース化されたら大変便利そうだなと思うのですが、

A社とB社のサイズが違うということくらい、すでに消費者はわかっている話であり、

「私はA社ではLサイズだけど、B社ではMサイズを買う」くらいの暗黙知はだれもが持っていると思うんですよね。

 

なので、AIを駆使するよりも、みんな暗黙知でわかっているから、(人間が)自分でソリューションできるんじゃない?

と感じてしまうわけです。

私の解釈が悪いのですかね?

本当は全然違って、すごいソリューションだったりして。(笑)

それを知るために今後もウォッチしていきますか。。。

 

第二部:「EC/Marketplace型の人気サービス担当が考える、ファッションはテクノロジーで売れやすくなるのか」

こちらもゲストスピーカーは3名

アクティブソナー/RECLO:青木 康時 氏
モバオク:生田目 知之 氏
Smarby:遠藤 崇史 氏

 

こちらの3名の話では、「CtoC」「越境EC」「レコメンド機能」と、かなりEC寄りの話でした。

すごいなって思ったのは、「レコメンド機能」に関するSmarbyの遠藤社長のお話。

ECでは購入者の購入データに基づいて、関連商品や売れ筋商品をレコメンド(する)機能が一般的ですよね。

しかし、

Smarbyさんでは、CtoCのマーケットプレイス上で、出品者に対して、出品した商品が売れたタイミングで、

類似商品をレコメンドするという取り組みをして大きく成果を上げたとの事でした。

例えば、

フリマアプリで「白いスニーカー」を出品・販売した人は、3か月以内に「白いスニーカー」に購入する

ということがデータでわかっていたらしいのです。

これには、とても納得させられましたし、そこのデータを取得しようと着眼した人、頭いいなぁって思いましたね。

本当、なるほどですよね。

 

途中の交流会で仲良くなった人たち

今回のイベントでは、ゲストスピーカーのお話を聴く時間とは別に会場の参加者たちと交流する時間もかなりありました。

そこでは、MODALAVAの桂さんや、インスタフォロワー200万以上のFashionDreamer Dさんとも知り合うことができ、挨拶させていただきました。

お二人とも、インスタグラムを活用してファッションやビジネスをなさっているようで、刺激的なお話がたくさんありましたね。

一方でメルカリの中の方々とも情報交換できました。

今回のモデレーターの原田さんやエンジニアの田尻さん。

メルカリユーザーとしては、中の方々の話も面白かったです。

 

ということであっという間に時間は過ぎてしまい、お開きとなりました。

AI、ちょっと勉強してからいけばよかったな(反省)

この記事が少しでもお役にたてればツイート&シェアお願いします★

ABOUTこの記事をかいた人

アラフォー男子。 「Webサービスとメディアを作る」仕事をしています。 大学卒業後、サラリーマン7年間→ベンチャー企業経営5年間→フリーランス5年目へ。 -最近の研究テーマ- ◆フリーランスの働き方 ◆オンラインサロンの楽しみ方、始め方 複数のオンラインサロンで活動中|みんなとワイワイするのが好きだけど実は出不精(;^_^A