らくらくメルカリ便は使える!?ゆうゆうメルカリ便との違いは!?

らくらくメルカリ

以前、ゆうゆうメルカリ便について書いたのですが、

今回はらくらくメルカリ便について書きます!

関連記事:お得で便利なゆうゆうメルカリ便とは!?

らくらくメルカリ便とは

メルカリとヤマト運輸が連携してできた独自の配送システム。

メリットは

  • あて名書き不要
  • 全国一律の送料
  • A4~160センチまでサイズが豊富
  • 配送状況が確認できる
  • 匿名配送
  • 配送補填

となっており、ゆうゆうメルカリ便と大きくは変わらない。

普通にヤマト運輸で配送に出すよりこちらを使う方が安いしお得!

サイズ別の料金は?

ネコポス(A4サイズ、厚さ2.5センチ以内)

全国一律195円(税込み)

宅急便コンパクト

専用資材に入る大きさ、重さなら一律。

配送料380円、専用資材65円の合計445円(いずれも税込み)

 

この料金体系はゆうゆうメルカリ便にはなくて、らくらくメルカリ便だけのサイズ&料金!

 

宅急便

60サイズ(2kgまで):600円

80サイズ(5kgまで):700円

100サイズ(10kgまで):900円

120サイズ(15kgまで):1,000円

140サイズ(20kgまで)1,200円

160サイズ(25kgまで)1,500円

 

発送できる場所は?

ヤマト運輸の営業所か、ファミリーマート、サークルKサンクスで出荷できます。

また、ヤマト運輸は集荷もしてくれます。

 

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便、比べるとどっちがよい?

ゆうゆうメルカリ便との使い分けを考えた場合、

郵便局・ローソン(ゆうゆうメルカリ便)か、ファミマ・サークルKサンクス・ヤマト運輸営業所(らくらくメルカリ便)か、

どっちが近くにあるかで決まる気がしますね。

私は自分の家からファミマの方が近くにあるので、最近はらくらくメルカリ便をよく使います。

また、コンビニでの作業も、らくらくメルカリ便の方がひと手間少なくて済みます。

 

値段はどっちが安い?

一番小さいサイズなら、ゆうゆうメルカリ便の方が20円安くで発送することができます。

でも次に大きいサイズだと、らくらくメルカリ便の方が安く発送できます。

(ゆうゆうメルカリ便の場合は175円の次がいきなり600円になる。らくらくメルカリ便は195年の次が380円(実質445円)!)

ここはサイズに合わせて選び、発送コストを抑えたいですね。

 

メルカリで売るなら断然小さいものが向いている!

このように、発送コストってバカにならないですよね。

メルカリは送料込み値段で出品した方が売れるので、送料は出品者負担が多い。

そのため、いかに安く安全に配送できるかがメルカリ出品のカギとなります。

配送料金はいくつかパターンがあるので、正しく理解して使い分けたいものです。